転職面接では緊張するので事前の準備が大切

転職,面接,緊張

転職の面接を受ける段階になってくると、緊張してしまうことも考えられます。 面接で大切なことは、最大限に機会を活用して競争に勝つことです。 緊張していると頭の中が真っ白になることもありえますので、緊張している場合でも力を発揮しやすくするためには、前もって準備をしっかりと整えておき、進行について理解しておくことが大切です。 時間はどれぐらいかかるのか、採用担当を行う人はどのような人なのか、採用担当者は何人で行われるのかなどについて、転職面接についての詳細な情報を前もって把握しておくようにしましょう。 採用担当者は仕事の内容や会社の詳細について話すことになり、その後に転職希望者が話すことになります。 採用担当者は落ち着いて会話ができているかを見ることになりますので、どのような質問をされるのか、また会社の概要についてあらかじめ調べておいて、すぐに答えられるように回答を準備しておきましょう。 なぜこの仕事に興味を持ったのか、応募しようと考えたのか、自分がこの仕事において向いていると思う点、適切な応募者であるかどうかについて質問されるものであると想定をしておいて、答えられるようになっておく必要があります。 即座に採用担当者に対してインパクトを与えることが重要ですので、意思疎通できるように配慮しながら、自分の利点を話せるようにしておくことが大切です。 316

転職活動において、面接に行きたくないと思ったら

転職,面接,緊張

転職活動を行っていて、書類審査を通過すると面接の招集があります。人によってはこの面接というものが苦手で、圧迫感や恐怖感、更には拒絶反応すら示す人がいます。未知の人に会ったり詳しい話を聞かれたり、ということが耐えられないのです。このような場では多かれ少なかれ、人は緊張しますから、そういう反応を示す人がいても全く不思議ではありません。しかし問題なのは、当日になって行きたくない、とまで思い詰めてしまうことです。 このような場合、過去に同じようなことがあったとしたら、転職する際にまた同じことになりかねません。そして実際に行かなかったことがある、という人は要注意です。厳しい言い方をすると、社会人の常識がない人、ということになりますのでそもそも応募資格がないと言われても仕方がないでしょう。もしそのようなエピソードが過去にあったら、ハローワークで専門家によるカウンセリングが行われているのでまず応募する前に受けてみましょう。心構えひとつで解決する場合もあるかもしれません。あるいは病的な対人恐怖症であることもあり得ます。後者であれば心療内科や精神科医のアドバイスを受けたり、コミュニケーションに障害がある人として職探しを行う道もあります。 もし病的な状態でなければ、なんとか意を決して出掛けて行くしかありません。そして案外、面接担当者はそのような応募者に理解を示し、過酷な質問は仕掛けてこないものです。面談を行っての選考は、人柄を見るためのものですので、そのような性格が慎重さに結びつくと考えられれば決して不利にはなりません。おどおどしてしまっても大丈夫です。出来るだけ素直な気持ちで応答しましょう。 317